理想の住まいづくりと、間取りのプランニング。
一番楽しく、そして一番大変な作業になる事も珍しくありません。

そんな間取りプランニング中に出てくる頻出建築用語出隅」と「入隅」。
初めは何の事?と思いますが、分かると面白くなってきます。

スポンサードリンク

出隅と入隅、読み方は

読み方
「でずみ」と「いりずみ」

濁らずに、
「ですみ」と「いりすみ」
という場合もあります。

漢字で「出隅」「入隅」を見ると何となく意味が分かりますが、はじめて言葉で
「デズミ」「イリズミ」と聞いた時は何の事か、全く分かりませんでした。

実務を始めた頃の思い出の1つです。


 

要するに面と面が交わる角のこと

で すみ【出隅・出角】
〘建〙 壁などの二つの面が、ある角度で出合った所の外側の部分。 ⇔ 入り隅

Weblio.jp

いり すみ【入(り)隅・入り角】
① 〘建〙 壁など二つの面が出合った所の内側の部分。
へこんで見える側。 ↔ 出隅
②「 いりがく(入角) 」に同じ。

Weblio.jp

「出隅」「入隅」と、漢字を見れば意味が想像できる通り、面と面が交わる角の事です。

「出隅」

出隅は、人や物がぶつかる事が多く、また人間の意識が向かいやすい部分でもあるので、特別に保護部材が付けられる事があります。


 

「入隅」

入隅も人間の視線が向かう部分であり、壁の色や仕上げの切り替えがよく行われます。
また、仕上げ材として施工されている壁紙クロスの乾燥ひび割れが、最も発生しやすいのも入隅です。
クロスひび割れの補修は道具さえあれば比較的簡単に行えます。

建築用語出隅」「入隅
いろいろあるけど分かると面白い


 

☟楽天ROOMはこちら☟