Muji | 無印良品

窓廻りのインテリア、少し困ってしまうのがカーテン。
ブラインド、ロールスクリーンを使えばかなりスッキリしますが、日中太陽の光を入れるために格納している時の状態、いわゆる「たたみ寸法」まで考えるとどうしても視界のノイズとして邪魔になってしまいます。

また、カーテンにお金を掛けるのもあまり気が進まない、という事もあります。

カーテンフックを使って布の生地を、そのままカーテン代わりにしてみました。

窓枠廻りがかなり、すっきりします。
そしてコスパも最高。

スポンサードリンク

無印 ワイヤークリップを使って
布の生地をそのままカーテン代わりに

布を挟んで、引っ掛けるだけ。
本当に簡単にカーテン代わりになります。

サッシの枠にフックを取り付ける。
100均で4個セットの粘着テープタイプを使用。

布を挟んで、フックに掛ける。
これだけで完了です。

窓廻りにカーテンレールなどの余計な物が無いため、窓の見栄えがかなり良くなります。

また、布カーテンの場合はカーテンプリーツ(ひだ)が無いので、カーテン自体がキレイな一枚の面となり空間が引き締まる感じがします。

布の格納時にもひと工夫

ひと工夫したいのが、布生地の格納です。
この部屋にはハイカウンター + ハンガーパイプがあるので、そこに無印のS字フックを用意。

S字フックに生地を掛けておきます。

カーテン利用する時の動作も楽になり、ただ生地を掛けてある状態も良いものです。

コスパもスゴい

単純に布生地だけならば、センチ単位でネット購入が可能です。
壁付け粘着フック、カーテンフックもネットで購入可能。
今回は全て合わせても数千円で済みました。

柄も自由

布を掛けるだけなので、もちろん柄の選択も自由。今後は布の柄を季節に合わせて変えてみようと思います。

カーテン替わりの布が朝焼け色に

ステンレスひっかけるワイヤークリップ
無印良品
https://www.muji.net/