生活に必要不可欠な機能である、収納。1Kなどのコンパクト間取りならば、クローゼットとして設計される事がほとんど。目線の高さに棚板を設置し、その下に衣類等を掛けるハンガーパイプを取り付けます。
上部棚板には普段はあまり使わない物を収納、ハンガーパイプに衣類を掛け、その下には引出し式収納ケース、余った場所に掃除機など。使う時だけ扉を開き、使わない時は閉じておく。現代の生活にフィットする、効率的な空間の使い方です。

畳1帖ほどのクローゼット
その分部屋は小さくなる

天井から床まで、余す所なく利用出来るクローゼット。いつも課題になるのが部屋の大きさとのバランス。
収納は欲しいけれど、これ以上部屋を狭くする事は出来ない。コンパクト間取りのプランニングでは、必ずクリアしなければならない問題です。

___部屋に+αの収納を

今回のリノベーションではプランニング時の様々な制約から、クローゼット半畳程の大きさしか有りません。

収納不足の解決策として、壁面の高い位置に「ハイカウンター+ハンガーパイプ」を設置しました。

長さ約4mのハイカウンターとハンガーパイプ

現在、日本で建設される建物では、部屋の床から天井までの高さはおよそ2.4m程度。これはいわゆる尺寸と呼ばれる「30㎝単位の長さ」×8の、2.4mが基準となっています。

男性の身長を1.7m程と考えると、かなり寸法に余裕があります。
この、寸法の余裕を効率的に使うために設置するのが、「ハイカウンター+ハンガーパイプ」。

壁面の天井付近ならば、高さがあるのでその下のスペースを通常通り使いながら、収納として利用が可能。
さらに、一つの壁面、全体に設置すれば、部屋の使い勝手に合わせてハンガーパイプの吊り下げ位置を調整するだけで、収納場所を自在に変える事が出来ます。

魅せる収納

お気に入りのジャケットや良く使うバックパック、サングラスなどの小物から、ハンギングプランターまで、むしろしまっておくが勿体ないアイテムをインテリアの一部に。

ベッドやチェストの上部も収納スペースとして自在に使えます。

__カウンターを設置する高さには注意が必要

部屋を広く見せるためには、なるべく高い位置にカウンターを設置したい。しかし、高過ぎると荷物が取り辛くなる。高さの設置には充分な検討が必要です。

今回のリノベーションでは、建物全体の構造体の内、梁と呼ばれる水平材が、部屋の天井から下へ、30㎝程の高さで壁面に出ています。この30㎝の梁下り寸法に合わせて棚を設置しても、ちょうど手が届く。棚を固定する棚受金物や、収納される荷物の荷重を考慮しても、全てが上手く納まります。

また、今回は設置する棚部材を予め決めていたため、大きさが決まっており、長いカウンターの両脇には50㎝程の空きが出来ました。この両脇の空きが、設置する「ハイカウンター+ハンガーパイプ」に立体感を与え、空白の中に動きを作り出します。

収容量は想像以上

___生活する視線の向きとの兼ね合い

ソファ、あるいはテーブル位置が決まると生活のメインとなる視線の方向が決まる。この視線に対しても荷物、ハンギングの位置調整で、視界に入ってくる物の量をコントロール。その時々の気分に合わせたインテリア作りを助けてくれます。

ただ仕舞うだけではない、空白もアイテムも魅せる+αの収納
壁面に「ハイカウンター+ハンガーパイプ」