MDF材を使った、とても簡単なDIYのご紹介。

使うものはプレカットされたMDF材と
「木工用ボンド」だけ。

所要時間はボンドが固まるまでの1時間程。

その部屋毎に自由な寸法で簡単に家具がつくれます。

スポンサードリンク

本当に簡単DIY
MDF材でTVボード作りました

プレカットされたMDF材があれば、木工用ボンドで接着するだけの本当に簡単な家具作りです。
ポイントは、「MDF材」のプレカット。

MDF材とは

中密度繊維板(ちゅうみつどせんいばん)は木質繊維を原料とする成型板(ファイバーボード)の一種。MDF(medium density fiberboard)と略称され、JIS A 5905が定める規格では、木材などの植物繊維を原料とし、ドライプロセスによって製造される繊維板(ファイバーボード)のうち、密度が0.35 g/cm3 以上のものをいう。中質繊維板とも呼ばれる。

ja.wikipedia.org

木を繊維状にして、練り合わせて板状にしたものです。
均一な構成と、大きさと厚さの自由度がとても高いのが特徴です。
実はかなり一般的な材料で、形の作り込みも容易なため、幅木や建具等に使われている事もあります。幅木や建具の表面のシート材を貼付ける、基材となっています。

プレカットとは

プレカット (precut) とは、一般に、何かの生産工程において「あらかじめ切断しておく」ことを意味する動詞である。

ja.wikipedia.org

MDF材のプレカットですが、ホームセンターで行うのが一番良いです。
ホームセンターでは様々な厚さのMDF材がいわゆる真物(91cm×182cm)寸法で売り場においてある事が一般的ですから、ホームセンター内のカットブースで希望の寸法にカットしてもらい、自宅に持ち帰ってくるのが一番スムーズな方法です。
(※必ずMDF材の有無、カットサービスの有無を事前に店舗へ確認しておきましょう)

ボンドは一般的な木工用ボンドで行いました。
MDF材は全部で7ピース。少しだけ複雑な形状となります。

使うものはこれだけ

早速作成開始

とにかく簡単。MDF材にボンドを塗って、材同士をくっつけます。

必要ならば寸法位置をマーキングしておきましょう
MDF材同士を接着
次の材を着けるためのボンドを塗ります
少し形が出来てきます。

垂直、水平、直角は十分に注意しながら材同士を接着します。
接着直後に整えないと、すぐにボンドの硬化が始まり調整が出来なくなってしまいます。

コーヒーでも淹れてゆっくり硬化を待ちましょう

要所々々でボンドの硬化を待ちます。
無理に急ぐと固まりかけのボンドがズレたり剥がれたりして、MDF材自体が使い物にならなくなります。

RIVERS リバーズ マグ ダイナーマグ ゼネラルマグ アンプラグド

ボンドが硬化したら、次の材を接着します

次の部材の接着用に立ち上げます
TV台の脚部全体が出来てきました
天板を接着するためのボンドを塗ります
最終部材の天板部材2枚を接着

完成!

硬化待ちの時間も含めて1時間弱で出来ました。

部屋とのスケール感
少しずらした2枚の天板は、部屋の壁に沿わせる設計です

DIYのTVボード ビフォーアフター

プレカットのMDF材があれば、とても簡単に、自分の部屋に合わせたぴったりサイズの家具が作れます。
もちろんコストも数千円台。楽しみながら、自分だけのインテリアを実現出来ます