作業の為にどうしても物が増えがちなキッチン。

目に見える要素を減らし生活感を少なくする事で、空間を広く感じるようになります。
当然作業も行いやすくなり、時間の短縮・有効利用にもつながります。

扉に吊るすゴミ袋を「扉の内側に吊るす

キッチンのゴミ箱置場、わずか1分のひと工夫で見えなくなりました。

スポンサードリンク

キッチンシンク下はデッドスペース

1Kなどのコンパクト間取りの生活では、そこまで調理器具が多くないという人が大多数を占めるのではないでしょうか。

僕の場合も調理器具がかなり少ないため、キッチンに完全なデッドスペースがある事に以前から気付いていました。
しかし有効な利用方法も思い付かず、放置して来た場所。

「キッチンシンク下の空白」

扉掛けスーパーのレジ袋と
シンク下スペースの絶妙な相性

今まで、あまり意識せず、キッチン下の扉に掛けていたスーパーのレジ袋

リノベーションでキッチンをオールステンレスにした事で、かえって生活感が溢れているように感じてしまいます。
このゴミ袋、わずか1分の作業で見えなくなります。

このゴミ袋が1分の工夫で見えなくなります

わずか1分の簡単なアイデア

シンク下のデットスペースを上手く使えないかと考えてみました。
ただでさえ幅90cmのキッチン。料理や洗い物をする作業スペースを広くする事を考えると
シンク下はやはりゴミ箱置場として使いたい。

始めはスライド式の収納機器を探していましたが、スライド式となるとそれなりの値段になってしまう。

今まで扉の外側に掛けていたレジ袋を、扉の内側に掛けてみました。

レジ袋の容量分、足下の作業スペースが空間が広くなり、さらに視界からゴミ袋が消えて生活感も薄まる。
すっきりしたキッチン空間の出来上がり。

スーパーのゴミ袋、消えました!

キッチン扉のフック3種

キッチン扉の内側は包丁指しや始めから付属のラック等が付いていることが多く、そのキッチン毎にラックも違います。
簡単にネットで買えるフックを探してみました。

▼山崎実業 シンク下フック2段 タワー
山崎実業のTOWERシリーズです。
フックが2箇所あるのも便利。

山崎実業 シンク下フック2段 タワー 2個組 ホワイト 2782

▼リッチェル ラクール キッチン扉用
フックに長さがあり、ゴミ袋が開いた状態をキープ出来ます。
これは使い易い。

▼SN-E22 イアールフック
扉に引っ掛ける、という事が出来ない場合は、こちら。
吸盤タイプ。

扉の開閉が伴う、ゴミ捨ての作業性は

ゴミを袋へ捨てる際の作業性は
いちいち扉の開閉があるので、その手間が少し気になっていましたが

開けて
捨てて
閉める

開閉自体はほとんど気になりません。作業性も良いです。
視界に余計な要素が一つ減って、空間に締まりが出ます。

更にこの奥行20cm足らずのゴミ袋キッチンと自分の身体にあったため、料理と洗い物の作業効率を落としていました。シンクと自分の身体が近づくと、作業がかなり楽になります。

ゴミ袋あり
ゴミ袋なし

当然臭い外に出にくくなりました。一方どうしても臭いや、空気の籠りが気になる場合は、外出時等にドアをオープンにしておく事でほぼ解消されます。

山崎実業 シンク下フック2段 タワー 2個組 ホワイト 2782

▲キッチンのスポンジとラックも見えなくしました。

▲落ちにくかった油汚れが一拭きで落ちます。