GARMIN | ガーミン

ランニングを始め、ある程度習慣化してくると、レースに出るという事があります。

初心者でもハーフマラソンを何とかゴールし、フルマラソンというものが何となく意識に立ち上がってくるようになってくる。

ランニングのブログを見るようになると「GPSウォッチ」を見かけるようになります。

初めはそんな便利な物があるのかと、気楽に使ってみましたが、一度使ってみたらランニングモチベーションが一気に爆上がり。

これはもうランニングの必需品と言えるでしょう。

スポンサードリンク

GPSウォッチ

ナイキラン+など、スマートフォンのGPS機能を利用してランニング距離と時間を計測するアプリはありますが、スマートフォンを持ってのランニングも少し慣れが必要。
このGPSを使ったランニング分析を腕時計だけで出来るのが、GPSウォッチ。
そして数あるGPSブランドの中でも先ず使ってみたいのが「GARMIN(ガーミン)」。

実際何が出来るのか

写真のガーミン、エントリーモデルで出来る事は、腕時計に内臓されたGPS機能による
・走行距離(リアルタイム)
・走行時間(リアルタイム)
・1km走行毎のアラーム通知
・1kmあたりのラップ
・推定消費カロリー
そして、これらのデータ保存

使ってみると、
1km走行毎にアラームが鳴り
その1km走行に掛かった時間が表示される。
これが楽しくて、自然とランニング量も増えて来ます。

習慣化されて何となく単調になりがちなランニングに、1km毎のラップタイムが常に更新されて通知される。
これだけでとても新鮮なランニングになります。

使い方

トレーニングボタンを押す

GPS機能が起動し、自分がいる位置確認が始まります。
しばらく時間が掛かります(その時の場所、GPSウォッチの機能により時間が変わってしまう)が、位置確認が完了するとアラームが教えてくれます。

ボタンを押してランニングスタート

その時点での
・走行距離
・走行時間
が常に表示されます。

1km走る毎にアラーム通知とラップタイムの表示

トレーニング完了。
全走行距離
全走行時間
1kmあたりのラップタイム
想定消費カロリー(身長、体重の設定が可能)
これらのデータを保存可能。

ライブラリーでは保存された過去のデータや、ベストレコードを確認出来ます。

感覚頼みだった1km毎のラップタイムを教えてくれる、もはやランニングの必需品。
GPSウォッチでモチベーションUP


Foreathlete
GARMIN
https://www.garmin.co.jp/


▲現行版 ForeAthlete 230J

▲ランニングを習慣に。アシックス ゲルニンバスをレビュー