間取りのプランニング中に出てくる建築用語、建具。聞いた事が有るような、無いような。

建具とは、簡単に言うと「戸」の事です。

ひとことで「戸」と言ってもたくさんの種類があります。

住宅の間取りプランニングに必要な主要建具、4種類。

スポンサードリンク

住宅の建具

間取りプランニング中に必要な建具は、内部建具に限定され、さらに主要な内部建具となると、4種類に限定されます。

①開き戸

今日、最も一般的な内部建具となっている、開き戸。
ドアノブを操作して、ラッチの開閉を行う事で建具の開け閉めを行います。
・ドアノブの形状、デザイン
・ガラスやポリカーボネート等による明かり取りの有無、デザイン
・鍵、錠の必要/不必要(主に水回り)
・戸と壁を繋げる蝶番の仕様
などの検討が必要です。

②引き戸

もともと日本の建物はこの形式が最も多かったですが、現在は使用用途が限定されて来ています。

一番の特徴は、開けておくと壁の一部のようになり、空間を使う上で邪魔になりにくい事。
開き戸は開き切っても、ドア自体が場所を取ってしまいますが、引き戸の場合は壁側に格納できます。

また、引き戸といっても、1枚引きから3枚、4枚引き等、開いて引込んだ後の開口部を大きくする事が出来るため、1つの空間を2つの部屋に分ける等、可変的な空間利用が可能になります。
開き戸と同様に
・ドアノブの形状、デザイン
・ガラスやポリカーボネート等による明かり取りの有無、デザイン
・鍵、錠の必要/不必要(主に水回り)
・戸と上壁から吊る、または床で支持する、などのレール仕様
などの検討が必要。

③引き違い戸

②の引き戸と基本的には同じ構成ですが、戸が2枚あり、それぞれに文字通り引き違う形式になります。

これも2枚引違い、4枚引違い、6枚引違い、といったようにそれぞれ偶数のペアで開いて引込んだ後の開口部を大きくする事が出来ます。

④折れ戸

ほぼ収納、クローゼットにしか設置されません。

特徴は開口部を大きく取る事が出来、戸自体が開かれた後コンパクトになる事。

折れ戸を開き切ると、壁と直角に戸が半分に折れ、固定されます。戸が場所を取らず、中の収納物を出し入れしやすい形状です。
こちらは
・ドアノブの形状、デザイン
・戸と壁を繋げる蝶番、及びの戸と上壁から吊る、または床で支持する、などのレール仕様
といった点の検討が必要です。

以上が主要4種類の内部建具になります。
最近はベッドルームにリビングから明かりを取る採光窓の設置例がありますが、リノベーションの間取りプランニング中に出てくるのはおそらくこの4種類のみ。

用途による使い分けを充分に検討して、より良い住まい作りを。

内部建具主要4種類
建築用語、いろいろあるけど分かると面白い