リノベーションの物件探しが始まり、たくさんの内見からようやく物件が決まる。

次は間取りのプランニングが始まります。
間取りのプランニング、一番楽しく、そして一番大変な作業になる事も珍しくありません。

そんな間取りプランニング中に出てくる頻出建築用語「フカす」

初めは何の事?と思いますが、分かると面白くなってきます。

スポンサードリンク

建築用語「フカす」


「フカす」特に建築専用の言葉ではありません。場合によっては日常の中で使われる事もあると思います。

間取りプランニング中に出て来る場面は、
「この壁はフカしましょう」
「ここは柱をフカします」
と言った感じになります。

「フカす」漢字で書くなら

ふか・す  [2] 【吹かす】( 動サ五[四] )
① 外に吹き出す。特に吸ったタバコの煙をはき出す。 「タバコを-・す」 「ある商店で大きな蓄音器を-・してゐた/それから 漱石」 
② 停車した状態で,自動車のエンジンを高速回転させる。 「エンジンを-・す」 
③ 「…風(かぜ)を吹かす」の形で,ことさら…らしく振る舞うの意を表す。 「亭主風を-・す」 「兄貴風を-・す」 
④ 吹聴する。 「我身を-・したるように思しめさんも恥しけれども/仮名草子・竹斎」

weblio.jp

または

ふか・す  [2] 【蒸▽かす】( 動サ五[四] )
 食べ物に蒸気をあててやわらかくし,食べられるようにする。むす。 「芋を-・す」 「御飯を-・す」 〔「ふかす」と「むす」という二つの動詞は,ともに調理については意味はほぼ同じだが,「むす」の方がやや文章語的。「むす」は食品以外にも用いる。
また,天候について,「今日はむす」のような言い方は「ふかす」にはない〕 [可能]ふかせる

weblio.jp

以上の2つに成りますが、
意味的に一番近いのは
「膨らませる」
という言葉だと思います。

実際に「フカし」ている箇所の図面

不動産情報なら何でもあり!SUUMOに出てくるマンション間取りを参考にしてみると、

出典:SUUMO

この部分が「フカし」ているところです。
洗面台の鏡裏収納と、タオルなどを置くためのリネン棚が交わる箇所。

20㎝×20㎝くらいの何もない、デッドスペースが出来ています。
ここを「フカし」ています。

仮にリネン棚を20㎝ほど図面の上方向へ大きくしても、リネン棚がかえって使い難くなってしまいます。

この様に使い勝手を考慮して、収納の交わる箇所を「フカす」ことがあります。

他にも、美観の観点、部材同士の納り、力学上構造的に躯体をフカす事もあります。


いろいろあるけど分かると面白い
建築用語「フカす」