リノベーション工事が完了して、待ちに待った引越しと、そこで始まる新しい生活。

新たな時間、新たな部屋、そして新しく入居する事になるマンション。

区分所有の場合、ほぼ全てのマンションにも管理組合と理事会があります。

なんだか大変そうなイメージ。一体どんな事を行なっているのか。

スポンサードリンク

マンション管理組合と理事会

マンション管理組合とは

“マンションを購入し所有者となった人全員で組織され、マンションの維持管理を目的としています。マンションを購入すると、必ず「管理組合員」となります。”

www.resiclub.com

区分所有をすると、原則としてその時点で誰もが管理組合員になるんですね。

実際に何をするの?

マンション管理組合の役割

マンションは、個人が所有するお部屋を「専有部分」と呼び、お部屋の内側以外の部分で、共用廊下や階段、エントランスなどマンションに住んでいる人全員で共用する部分を「共用部分」と呼びます。

マンション管理組合は、この「共用部分」を維持管理し、マンションの価値を高め、全ての居住者が気持ちよく生活できるようにしていくことが、大きな役割です。

例えば、マンション内でのペット飼育やゴミの出し方など、住人が守らなければならないマンション内のルールや、駐車場の使用料金などを決めたり修繕計画を立てて、建物の維持管理をしていくことなどが挙げられます。

www.resiclub.com

集団で一つの建物の中で生活する事になるので、自分達の生活環境を一定にして行く必要があります。

管理組合の運営は誰が行うのか?

マンションの管理組合は区分所有者全員で構成されますが、話し合いや物事を決めるときに、毎回全員を集めるのは難しいので、管理組合員を代表する理事を選出し、理事会を構成します。

www.resiclub.com

マンションに住んでいる人全員のスケジュールを合わせるのは、なかり難しいですね。

なので、少なくとも何人かは集まって、多数決を以って、マンション内のルールや方針を決めて行こう、という考え方になります。

理事会とは

この理事会は、「理事長・副理事長・経理・書記・・・」などがあり、ほとんどのマンションは、毎年毎年、持ち回りで担当することになります。

www.resiclub.com

区分所有でも、実際に所有者がそのマンションに住んでいる場合は、持ち回りが可能です。

一方、1Kなどの投資用マンションとなると、はっきり言ってマンション内の住環境にはあまり興味を持たないため、管理組合自体がやや機能しづらくなってきます。

結果として、ある一定の組合員が長年継続して委員会を構成して行く事も多々あります。

この管理組合の代表である「理事会」が中心となり、そのときに起きているマンション内の問題や、将来検討しなければならない修繕計画などを話しあっていきます。

その理事会で話し合われた事項を、他の所有者全員に通知し管理の方向性を決めていくのです。

www.resiclub.com

管理組合会の開催は通常、全ての組合員に通知されます。

管理組合会ので議論される議題への賛成不賛成については実際に組合会に参加するか、予め配布される内容を元に、書面などを以って意思表示する事になります。

リノベーション後、自分が住む事になるマンション。
部屋の中は自分の理想の空間になりましたが、出来ればそこで生活する事になる建物自体もより良くあってほしいもの。

管理組合と、理事会。
引越し後は一度参加される事をお勧めします。