ダイソンだけじゃない。国産メーカーもコードレス式サイクロン掃除機が当たり前になりました。
今買うなら、コードレス式サイクロン型という事で、どのメーカーも開発が進んでいるのが良くわかります。

しかし、実際に使っている方のレビューをみると、必ず出てくるのが「サブの掃除機としては良い」という評価。

要するに「使い易いけど、吸引力が弱い」のでまだ機能性の確立までもう少し、という事になりそうです。

吸引力メインで使えて、掃除が楽」それをコスパで選ぶなら、「コード付スティックタイプ」一択。

ここで一つ簡単な法則がありました。「コンセントの位置5m1mをクリアしているか」。

コード付スティックタイプ掃除機、数千円で掃除ライフがグッと良くなりました。

スポンサードリンク

コードレス式サイクロン掃除機の価格帯

数週間前のネットサーフィン中、アドセンスに表示されたシャープのRACTIVE Airシリーズ。そのデザインを見てから「これは生活が変わる気がする…」と思い、本気で掃除機探しがスタート。

デザインの良さに先ず興味が引かれますが、次に目が行くのは価格ですね。

国産メーカーなら最低2万円前後。デザイン、種類も豊富で先ずはこの価格帯が基準になる、とレビュー調査を開始。
しかしレビューを見ると、吸引力、バッテリーの保ち等で難点が見えます。
一方、吸引力で満足出来そうな高レビュー製品となると5万円超え。1K間取りの部屋に5万超えの掃除機…ちょっとミスマッチに感じます。

続いて見るのが(おそらく中国製の)低価格、コスパレビューの高い製品ですが、デザインの”どぎつさ”と、レビューの信憑性面でイマイチ魅力を感じさせません。

家電量販店で吸引力の実機確認

このくらいの予備知識で、家電量販店へ実機確認。とにかく吸引力。お目当てのRACTIVE Airを試してみましたが、案の定、個人的には少し頼り無い感じ。やはり多くのレビュー通りと言った印象です。

コードレス式購入は、もう少しだけ先にしました

ここで大きく方向転換。「コードレス」式自体が、吸引力ではメイン使いに向いていない。

吸引力ならば、「コード付」

やはりコードレス式はサブ掃除機で始めて真価を発揮します。
しかし、25㎡間取りの生活でサブ掃除機とか考えられません。

ここで、吸引力ならば確実なコード付を検討する事にしました。

コード付きタイプのデメリットは、コードが掃除の邪魔になる事、コンセントへの挿し抜きがわずかとは言え心理的に負担になる事。

コンセントの位置が半径5mと高さ1mをクリアしているか

コードが邪魔になるというのは、実際はコードの問題ではなく、壁についてるコンセント位置の問題です。

コンセント位置に「5mと1m」の法則がありました。

長さ5m

まず、ほとんどの掃除機コード長さが5mであるため、部屋全体がコンセントから5mの半径内に入っていれば、一度のコンセント挿し抜きで掃除が完結します。

高さ1m

コンセントの高さが1mよりも高ければ、膝を屈める動作無しにコンセント挿し抜きが出来ます。

更にコンセントが1mと高い位置にあれば、コード自体が高い位置からつながり、床面の物に引っ掛かる可能性が大幅に減ります。
これで作業効率が向上。

この5mと1mの条件をクリア出来るコンセントは住戸内にあるか?

2ヶ所、あります。

冷蔵庫用コンセント、洗濯機用コンセントの2ヶ所
どちらもそこに置かれる家電の性質上、高い位置にコンセントが設置されています。

部屋を見てみましょう。僕の場合、洗濯機用コンセントが住戸内のほぼ中央にあり、このコンセントならば5m以内に部屋がほぼ全て入りそうです。

掃除機本体「モーター」と吸気口「ヘッド」の「距離」

吸引力に影響する要素がもう一つ、本体「モーター」と吸引口「ヘッド」の「距離」。

当然、モーターが吸引口から離れれば離れるほど、吸引力は落ちます。

掃除機の持ち手側にモーター本体があり、そこから長いノズルで吸気口が繋がるタイプは却下。

モーターと集じん容器が、吸引口の直ぐ近くに設置されている事が重要。スティックの下部に本体があるタイプに限定。

吸引力コスパ最強なのは

これでようやく掃除機を選べます。「コード付スティックタイプ、モーター・集じん容器がスティック下部」が選択条件。

今回買ったのは
ツインバード サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック 掃除機 TC-E123SBK」

一見弱気な買物に見えますが、吸引力コスパで選ぶならこれ一択。とにかく、気軽に買える価格がオススメ

実際に使ってみました

購入後、2回ほど軽く部屋の中を掃除機掛けしてみただけなのですが、このホコリの量。

【!閲覧注意!】

今までこんな部屋で生活してたんですか…

吸引力コスパ最強はこれで決定!

丸洗いもOK

置場はここにしました

洗濯機コンセントに近く、普段デットスペースになっていて、スペースの使い方を探していました。今回試験的に置いてみます。コードも巻きフックが本体付属で簡単にまとめられます。

1K/1Rコンパクト間取りなら、吸引力コスパで掃除機選び。