あのジャスパーモリソンが眼鏡のジンズから、jin’s design projectとして眼鏡デザインを発表。これで5,000円!迷わず購入しました。

スポンサードリンク

jin’s design project

ジャスパーモリソン「スーパーノーマル」

ジャスパーモリソンといえば、スーパーノーマルと呼ばれるデザイン手法で活躍する世界的なデザイナー。
そもそもスーパーノーマルとは、文字通りに読むと、もの凄く普通である、という事になります。しかし、これはミニマリズムとは違う、とモリソン自身が語っています。
確かに、モリソンのデザインを見ると、ただひたすらに余計な要素を省いていき、限りなく直線的な造形となったミニマルなデザインとは異なります。

むしろミニマルで直線的にデザインされたモノを長い日常の中で使い慣らし、人間が共通して持っている意識や、身体動作の機能に沿って、ミニマルだった直線が、柔らかく変形し終わった後の様な印象を受ける。ジンズデザインプロジェクトのインタビューでのモリソンの言葉に、「なじむ」というワードがありました。
馴染む、これがスーパーノーマルを理解するポイントかも知れません。

「ぺんてるサインペン」

分かりにくい文なので、参考例を一つ。
ジャスパーモリソン自身が賞賛する日本のプロダクト10選の一つ、「ぺんてるサインペン」。
日本で生活していれば、物心つく頃には既に側にあると言っても過言ではないであろう、「ぺんてるサインペン」。これをジャスパーモリソンは日本のプロダクト10選に選んでいる。

僕自身もぺんてるサインペンはずっとペンケースの中に入っていて、相手にキチンと伝えなければならない事、あるいは自分の中で、一つの区切りを付ける線を描く時はやはり、このペンを使っている。

水性インクとペン先のバランスがもたらす描き心地の良さ、ペン自体の微かな曲線が手に触れた時の柔らかな感覚と、手の力を紙に正確に伝える力強さ。キャップを開け閉めする時の留まり具合いも心地良い。
これら全ての要素が、視覚的には全体として、一本のペンに微かな曲線を与えている。単なるミニマルで直線的な造形にはない、使う度に視覚的にも身体的的にも喜びさえ感じる「馴染む造形となっている。

Jin’s design project #1 new normal
Jin’s × jasper Morrison

メガネのジンズから、デザインプロジェクトの第一弾として、ジャスパーモリソンデザインのメガネが発売。
ジャスパーモリソンデザインのメガネが5000円ですよ。もちろん毎日付けられてます、メガネなので!眼が悪くて良かったと始めて思ってしまった
ジンズのモリソンデザイン、その名もnew normal。デザインは4つ。
Wellington
Square 
Boston 
Icon
僕は今までスクエアタイプのメガネをずっとを使っていたので、これを機に丸いレンズのBoston を購入。お店に在庫があってので、わずか30分程で受け取れました。

ジャスパーモリソンデザイン、5000円。
あと3つ買って全部揃えようかな