リノベーションを機にキッチン周りのアイテム一つ一つを、少しづつ見直しています。今回は食器洗いの洗剤とスポンジを一新しました。

目に入ってくる情報が少なければ、自然と空間を広く感じ、当然すっきりとした印象になる。今までは何の意識もせずに選んでいた、食器洗い用のアイテムもリノベーションに合わせて、色や使い勝手を検討しながら選んで行きます。

くらしの丁度品店/木村石鹸
ディッシュ メイン ウォッシュ

待ち遠しかったアイテムが今日到着しました。くらしの丁度品店/木村石鹸 ディッシュ メイン ウォッシュ。

こちらの木村石鹸は大正13年創業の石鹸メーカー。現在でも「釜焚き」と呼ばれる製法による製造を行っており、衣類から食器、ニッチになるとトイレのタンク専用に至るまで、様々な洗剤を製造されています。

その数多くあるラインの中で、デザインとテクノロジーにこだわって作られたのが&SOAPシリーズ。お風呂から部屋の掃除まで、生活の全てをきれいにしてくれます。石鹸成分より製造されているため肌にも優しい洗剤となっています。

今回選んだのは、この&SOAPラインのキッチンソープ。白と黒を基調とした落ち着いたデザインが、インテリアに栄えそうです。
そして選んだ理由がもう一つ、容器がプッシュボトルタイプだった事。今までは毎回容器を持ち上げて洗剤を出していましたが、これからは一手間分作業が少なくなる。この作業自体の変化もかなり楽しみです。

ダスキン スポンジモノトーン

洗剤に合わせて、スポンジも選びました。これはいつも使っているダスキンのスポンジより、カラー展開された「モノトーン」タイプ。ブラック、ブラウン、シルバーブルーの3色が1セットとなっています。

交換する度に色が変わっていくのが楽しみです。今回は&SOAPのカラーにもなっている、ブラックを選びました。

石けんの中に、どこか大人な香り

さっそく使ってみます。

プッシュボトルのノズルがやや短いです。スポンジの端部に少量の&SOAPを出し、泡立て。

___実際の洗浄能力は

洗い心地も一般の中性洗剤とは少し違い、どこかさらっとした細かな泡が汚れをきれいに流して行く。
石けんの中に程よく香る独特の香り。凛とした、どこか墨汁にも似た香りが、

洗いものが終わった手に、かすかに香ります。

毎日の食器洗いが楽しくなりそうです。

___洗剤とスポンジ、わずか2つのアイテム交換ですが

見た目もすっきりして、落ち着いた印象に。

新しい洗剤とスポンジ。食器洗いが楽しみになりました。